トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において下取りに出したい車の査定金額をまとまって何社にも査定を依頼可能な、多くの中古車一括査定サイトが存在します。

    見積もりをしてもらったら売るべきであると決まっているわけではありません。

    そのうえ、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    そうはいっても、会社によって車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、自宅などに電話されるのが面倒な人は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    中古車査定において、へこみやキズがある車は査定金額が低くなるのが一般的です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    個人で修復したからといっても、修理費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    自分で直そうとするよりも、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトを使うときのに欠点となる事と言ったら、一括査定サイトに登録されている会社から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、現実的に売却予定が立っていなくてもすでに手元に車はないと言ってしまうのが一番楽に断る方法でしょう。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能というものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、部分ごとに細かく査定してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、ウェブ上の車買取一括査定サイトからの査定依頼です。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、ネットで連絡先を登録する際は気をつけましょう。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、俗に「過走行車」と言われます。

    査定サイトなどを使って売ろうとしても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている中古車屋に打診するというのもありです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、そこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    当然かもしれませんが、自動車を欲しがる人が多数いる季節の方が、売る方からみても自動車が高く売れる好機であるのです。

    車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

    9月と3月は会社の決算月なので中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、上手く交渉すれば査定額を高く買い取ってもらうことも可能でしょう。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    当然ですが車検切れの車よりも車検が残っている方が有利です。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    更に、定番カラーでもあるシルバーはボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、買取から売却の間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。