トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、いっぺんに多くの業者の見積もりを比較したり検討したり出来るのが、中古車の一括査定サイトです。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    しかし、複数の業者に一括査定しているので、メリットばかりだけではなくて、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在するデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして車の買取専門業者と査定金額の交渉を行う際に需要となってくることは、軽々しくこちらから希望する査定額を提示しないことです。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、相場を知っていないならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、おおよその相場を知ることができます。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、訪問査定も気楽に受けることができる上、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    また、パーツを交換しているなら本来のパーツに戻しておくことが大事です。

    業者による査定では純正品のままのほうがプラスがつく可能性が高いのです。

    それと、短い時間で売却したいなら必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもけして疎かにしてはいけない点があります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金銭面での記載については注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が金額的に有利だという意見は根強いようです。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いのです。

    査定金額には有効期限がありますし、ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、おのずと査定額も上がってくるというものです。

    もう完璧に動かすことができなくなった不動車でも、はじめから売ることをやめてしまうことはありません。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    部品単位でみれば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    そうは言っても、通常の買取会社だと不動車と言うだけで断られるケースもあるので、前もって調べて不動車を取り扱っている業者に査定をお願いして買取りしてもらうと良いですね。

    それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    同じところで購入も売却も済ませられるので、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、やはり買取業者に勝るものはありません。

    愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を通達されることがたまにあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば売る側に何も責任は無いでしょう。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。