トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    インターネットを介して何時でも何処でも楽に自分の中古車の価格を査定できるのがたくさん存在している一括査定サイトのメリットと言えるでしょう。

    自分の連絡先や車の情報などを入力することですぐに多くの買取業者からの見積もりがもらえて、その時点での売却予定車の相場の概要が把握できるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    できるだけ多くの買取業者に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、より高値で中古車を売却するコツと言えるでしょう。

    同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、何も心配するようなことはないのです。

    また、契約を取り交わす時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    なるべく高値で中古車を売却したいときには、査定を一店舗で終了させないで見積もりを多数の店舗で行ってもらうのが最も良い方法でしょう。

    他社の見積金額を見せて交渉することでその車の見積額が上がることは良くあることだからです。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには中古車の無料一括査定サイトを使うとベターですが、このときに妙に高く見積もってくるところは詐欺会社かもしれませんからじゅうぶんに気を付けなければいけません。

    なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、一概には言えないところがあります。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、比較検討するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    これらの点を踏まえれば、複数というのは何十社でも数社でも意義があるということになります。

    時間と手間を考慮して決めると良いでしょう。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    実際、契約書の中にも虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためには中古車査定一括サイトを使うのが一番の近道でしょう。

    最近はスマホでのサイト利用も可能ですから、昼夜を問わず手軽に査定を依頼できるというメリットがあります。

    肝心の査定結果が得られたところで、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと話をつけていきます。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところはあなたがそこに売ると決めたのでない限り、きっぱり断りましょう。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    まずは一括査定サイトなどを使って机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして買取対象となる車を実際に業者が採点していき、最終的な買取額が算定されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、OKなら正式に契約します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で売主の口座に売却代金の振込があります。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印が必要書類と言うことになります。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。