トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    売却予定の中古車の査定額が低下する主な原因は何点か挙げられますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    場合により見積金額が0にまで下がることもあることを知っておいてください。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、売却は即決しても構わないという思いを前面に押し出すことです。

    暇つぶしに査定はしてもらうがきっと売却は後回しになりそうな人よりも、提示した金額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    即決の意志があると知ったならば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好みがハッキリと分かれる傾向があるので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場により常に流動的なものですから、流行があれば一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも家まで出向いて査定してくれます。

    昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、雨の日や曇天なども薄暗いので高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、買取業者への売却かディーラーによる下取りではないでしょうか。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、競合する相手がいませんから競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が臨席しなければならないなどという決まりなどはありませんが、本人不在で起こりうるトラブルを防止すべく、できるだけ実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、車のことがわかる人がいないのに乗じてもともと何でもない部分に傷をつけたりして本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    自動車のオーナーというものは、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    ましてや、駐車スペースがなければ、別途駐車場代もかかってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのかじっくりと考えてみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をする必要性は低いのです。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    車を買い換える際に古い車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    買ったところで売るのですから、中古車屋に売る面倒も省けて単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくことが挙げられます。

    利益は多い方がいいというのであれば、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。