トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    良くインターネット上で見かける中古車一括査定サイトを利用すれば、自分が売ろうとしている車のおおよその査定相場を知ることが可能なのですごく便利ですね。

    パソコンだけではなくて、携帯やスマートフォンで利用可能ですから、空き時間や移動時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    但し、気を付けなければいけないのは、査定見積もりを行った複数の業者から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、電話連絡がストレスになるようならば、連絡手段にメールを選択できるサイトで登録するようにしましょう。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、査定額が付かないと言われることがあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    何社か買い取りを依頼しても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者に引き取ってもらう方法もあるので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる要因の一つになるのです。

    そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    中古車販売業者の多くは売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も低調ですので避けた方が無難です。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、一概には言えないところがあります。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、比較検討するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    本人が納得できるようなら、複数というのは何十社でも数社でも実質変わらないということになります。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって査定時に提示された見積額には期限が設定されています。

    しかしこの期限も実際のところ様々ですから、金額を出してもらった段階で有効期限についてはしっかり確認することが不可欠です。

    最長で2週間ばかりの有効期限といったところです。

    ただ、決算期やボーナス時期などにはかなり短期間で設定されていることもあります。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと却って不調になることが多いのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    サインと捺印をすれば、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    記載された中古車の状態は適切か、お金の部分に関してあいまいな点はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車を売却しないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、自動車税は戻りません。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。