トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    中古車売買に於いて、その査定基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    この確認項目のうちで外装および内装は、事前にしっかりと掃除することで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    先に述べた査定基準をチェックした上で、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車や事故車、輸入車など特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に行っているところがあります。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が多分買取額が高くなるはずです。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、その点で他と判別することができるのです。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    何社か買い取りを依頼しても同じように買取額はつかないと言われたときにも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ引き取ってもらう方法もあるので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    複数の買取業者に査定してもらい、高値で売りたいと思っているのでしたら、ウェブにある一括査定サービスなどを活用するのも手です。

    スマホ対応サイトも増えているので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    欲しかった査定結果が提示されたら、査定額の高いところから順に実際に話してみましょう。

    また、仕事中や夜間に電話をかけてくるなど非常識な業者もあるようです。

    不快に思ったら、対象から外しておいたほうが無難です。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取のための査定を行う時点でかならずチェックされるはずです。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、乗っていれば普通につく薄い傷程度ならチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースは極めて少数でしょう。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    代替交通機関がないときは、業者に査定依頼する際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    会社や店舗ごとに取扱いの有無は変わるので先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    簡単な項目を入力するだけで瞬時に査定額が分かるネットの中古車一括査定サイトは、所有する車を売ろうとする場合には大変役に立ちます。

    一括査定に申し込むとすぐさま営業電話が沢山かかってくるようになりますが、必要のない買い取り屋にはもう手元にないと言うことでしつこい電話攻勢も止むことでしょう。

    高額な査定をしてくれたいくつかの業者を選んで、じっさいの見積もりをしてもらうようにして下さい。

    しかしながら、査定相場よりもやたら高い金額を示す業者には気を付けるようにしましょう。

    場合によるのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    所有者が個人であって、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    車が欲しいと思う人が増える時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。