トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、特別に前もって準備することはないでしょう。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    近頃、転居や結婚などの身辺変化があって車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには追加の書類が何枚か必要になってくるので、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときに気を付けなければならない事のひとつに、査定金額トップのところが絶対的に最良店舗だとは言いきれないということがあるのです。

    数多ある中古車の見積もりを比べたときに、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    その店での買取が決まったとき、契約を結んでしまった後で難癖を付けて前もって提示された査定金額よりもグッと低い買取額になる場合もあるのです。

    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために連絡先は書くようですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、おおよその相場を知ることができます。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、さほど意味がないかもしれません。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後にさまざまな業者から電話がかかってきます。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、家にお伺いしたいという電話です。

    時には電話を再三かけてくる迷惑なタイプの業者もいるので、迷惑だと思ったら他社にお任せしましたと言うのが効くみたいです。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ない一括査定サービスを利用するのも手です。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、車がないと困る人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でも受けてくれるというものではありません。

    あとになって慌てないよう、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、確かめておく必要があります。

    新しい車をディーラーで買う際についでに下取りもお願いしてしまうのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    代替交通機関がないときは、実車査定の段階以前にあらかじめ契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    同じ業者でも店舗が違うと取扱いの有無は変わるので気をつけてください。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売却側にとっても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、同時に買取価格も連動して上がるのです。

    3月と9月は企業の決算月にあたるので他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    個人でオークションに出品する場合には、車体の内外の画像や状態を説明する文章をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    所有者が自分名義でない車でも買取業者などに売却することは可能です。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、かなり手間がかかると考えて間違いありません。