トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    買取のお店に行く暇がなかったとしても、インターネットサイトで車を査定できるものはあっちにもこっちにも出来ています。

    より詳細な見積価格については現実的に担当者がその車を査定してみないと算定不可能でしょうが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    車買取の査定をするときに、例えば、カーナビなどの付属品があると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    但し、古い車種でなければすでにカーナビは付いているのが当然ですから、新しい型のカーナビシステムが付いていないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    さらに、同様の理由で車にカーナビがついていない状態ではマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、売るときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    車の買取専門店は古物営業法という法律に従って、契約を結んだ相手の住所や名前などを記載しておく義務が発生するからです。

    車の外観の傷というのは中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、乗っていれば普通につく薄い傷程度なら「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理代を上回るほどの査定額アップはほとんどないというのが実情です。

    車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。

    他社製のホイールを履いた車を売る場合は、査定士が現物を見に来る前に、できるだけ純正ホイールに戻しておく方がいいでしょう。

    業者による査定では普通、他メーカーよりは純正の方が万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。

    保管中に状態が悪化するのを避けるため、カバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。

    状態にもよりますが、他社製ホイールというのはフリマアプリなどで高値売却できるときもあるので、取り外し時の扱いには注意が必要です。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、洗車済みであろうと査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    とはいえ良い影響がないわけではないのです。

    汚いままでは業者も不愉快でしょうし、逆に清潔でキレイにしてあれば、気持ち良く値付けが出来ます。

    車の値付けや取引をしているのは人間ですから、相手の心証次第で買取額が上向きになる可能性はあるでしょう。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買い取りに出す場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    もう誰も乗ることがなくなってしまって、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、無料で車を取りに来てくれる店舗がほとんどだと言って良いでしょう。

    付け加えると、事前に車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。

    自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、行う必要性は全くないでしょう。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、じっさいに見積もりを出してもらう前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。