トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、査定にかかる時間は待っているロスタイムを除いて10分少々です。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階での中古車オークション相場などを参考にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、走行距離などに応じた減額、加算をしたらその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    あちこちの中古車買取店を回ることなく、たくさんの買取店の査定額を中古車の一括査定サイトを使えば比べることができます。

    ネット環境が整っていれば、簡単に誰でも時間の節約が可能です。

    しかし、複数の業者に一括査定しているので、デメリットもあってしかりで、電話連絡が複数の会社から一気にかかってくるでしょう。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、強引に取り引きを要求する会社があるかもしれない欠点があることを覚悟しておくと良いかもしれません。

    中古車の見積もりを行う場合に、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    でも、新型の車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、もしも、カーナビがない場合にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    一般的に年度末で決算でもある3月やボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    どこの販売店でもそうですが、できるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、9月というのはまさに売り時です。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    最近では買取に伴う相談電話が多く、全体に占める割合も増えています。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、夜間や仕事中にも電話がくる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、かならず誰かに話を聞いてもらう事がまず第一です。

    不動車は全く動かないため買取して貰えないと考える人も多いかも知れませんが、最初から売ろうとしないのは間違っています。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    自動車の各部分ごとで見れば故障してないものもあるでしょうし、これらに対して価値を見いだして買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、はじめに調査して不動車取り扱いの会社に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その一定の条件というのは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらには、還付金が生じるケースでも自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    保険会社に対して自分自身で手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。