トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、売買契約を結ぶときには、個人情報を公開しなければなりません。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、契約を結んだ相手の住所や名前などをきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主となる要因には何点かあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、その車に修理歴があることです。

    ケースによっては0円にまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    でも、故障および事故で修理したことがあると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、ちょっと査定額がアップするという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になってキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    誰でも愛車は高く売りたいものです。

    業者から競合見積もりを出してもらいたければ、車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等を使えば、かなりの時間と労力が省けます。

    PCだけでなくスマホからも申し込めるため、24時間どこでもアクセス可能なのがありがたいです。

    簡易査定の数字が出たら、査定額の高いところから順に今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    中には常識はずれな営業電話をかけてくる業者がいるようですが、「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    見積りの結果に納得してこれから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、リサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は認め印で済むので印鑑証明書も要りません。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、いわゆる過走行車という扱いになり、業者に査定に来てもらったところで、激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしてはそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書が必要になってきます。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれる場所が違うのです。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    ただ、所有者が故人のときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    その場合は書類も増えますし、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    車を買い換える際に古い車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    同時に売却と購入ができてしまうため、中古車屋に売る面倒も省けて買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、一般に下取りのほうが安価になるという事実があることは忘れてはいけません。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。