トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    たいていの場合、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会(JAAI)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、有料での査定になっています。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    車の査定の仕事をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと授与されないので、この民間資格を所持しているならば、定められたレベル以上の査定が出来ることがうかがえるのです。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、査定額が高めに出る傾向があります。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好みがハッキリと分かれる傾向があるので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりアップダウンするため、人気のある特定のボディーカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、売却する業者が決まって契約となると、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは提出書類は増えます。

    中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、売却見積もりを依頼しても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている会社に最初から依頼した方が良いです。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    むこうが欲しいのは「契約」ですから、金額さえ満足なら即決してもいい位のアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、中古車として販売する前の下準備の段取りが明確になりますから、お互いに金額交渉が円滑に進められます。

    買取業者に車を査定してもらう時は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、買取業者による出張査定は買取金額アップにつながるため、利用者には有利です。

    この出張査定をうまく利用すると、数多くの業者による同時査定も可能ですから、契約を巡る価格競争の結果、普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    愛車を売ろうという場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと却って不調になることが多いのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    自分が車の所有車になっているということは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、駐車場料金も上乗せされるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかじっくり検討してみると、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。