トップページ

    このサイトではスポーツカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「スポーツカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    スポーツカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの車買取業者にスポーツカーの査定してもらうこと」です。「面倒だから1つの業者だけに査定をしてもらう」や「家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトで紹介しているおすすめの車一括査定サービスを利用すれば入力は2分もあれば終わるくらい簡単ですし、いくつもの買取業者に査定依頼をすることで買取金額の比較ができます。高い価格で購入したスポーツカーだと思いますので、大切に乗ってきた愛車は1円でも高く買い取ってもらうことをおすすめします。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!カーセンサーにはスポーツカーの専門店も加盟しており、最大50社へスポーツカーの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのは完全無料。

    「自分が乗っているスポーツカーの買取相場を知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているスポーツカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、スポーツカーを高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    実際のスポーツカーの査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐにスポーツカーの概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗っているスポーツカーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのスポーツカーであっても高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がスポーツカーの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がスポーツカーの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたスポーツカーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名で分かるように外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で15年の実績があり、年間取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した専門店なので、外車のスポーツカーであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、もし外車のスポーツカーであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取店に見てもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたスポーツカーを売りましょう。







    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大別すると車体の色や車種などの基本的なスペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車を専門とする買取業者に引き取ってもらう方法もあるので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    Web上でいつでも簡単に利用できる中古車無料一括査定サイトに申し込むと、自分が売ろうとしている車の相場の概算がしれるので大変有用です。

    スマホやタブレットなどから簡単に申し込みできますから、電車やバスの移動中など少しのスキマ時間でも充分に利用できます。

    でも、気を付けるべき項目として、申し込んだ買取業者から電話攻勢が一斉に来るようになるため、一気に電話で連絡されるのが嫌だったら、連絡手段がメールのところを探して利用するようにしてください。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて値段がつかないこともあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、却ってパーツが劣化して故障寸前になっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで実車査定が終わると正式な価格が提示されます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら言われた書類を整え、正式契約に至ります。

    そのあとは取り決め通りに車を引き渡し、所有者の名義変更等のプロセスがあり、それから買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これですべての売却手続が終わります。

    ほんのわずかな手間で売却予定の車の市場価値を知ることができるネットの一括査定サービスというのは、上手に活用すれば非常に有益です。

    ただ、欠点としては複数の業者から電話連絡がひっきりなしにかかってくるという点があります。

    深く考えずに仕事と兼用の携帯電話番号で申し込んだりすると、仕事に支障がでかねないので、注意が必要です。

    断っても再三かけてくるような業者がいたら、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも全く車の売却ができないということはありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるという条件がクリアできるならの話です。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、完全にローンを返し切るまではローン会社所有の車ということになりますから、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    過去に事故を起こした車や走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    あとは個人でできることといえば、自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    その場合は使える部品や部位については個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、減っていれば減点されてしまいます。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えてもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、買取査定に出す前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、マイナス査定になることが多いのです。